流せるトイレブラシの本体は汚い⁈清潔に保つ方法や使うメリットデメリットも

生活

流せるトイレブラシを使ってトイレ掃除をしている人も多いかと思います。

流せるトイレブラシは掃除したあと、そのまま流して捨てることができるので便利ですよね。

しかし、流せるトイレブラシの本体は汚くないのでしょうか?

事実、流せるトイレブラシの本体も濡れますから汚いです。

この問題何とかしたくなりますよね。

そこで今回は

「流せるトイレブラシの本体を汚いままにせず清潔に保つ方法」
「使うメリット デメリット」

についてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※このページのリンク先には広告が含まれています

流せるトイレブラシの本体は汚い!

流せるトイレブラシの本体は汚い です。

流せるトイレブラシを使ってトイレ掃除をすると、どうしても本体の先の部分も便器の水に触れてしまいます。

流せるトイレブラシの先端はトイレ掃除後に捨てますが、本体の先や棒の部分は汚いままというわけです。

じゃあ、本体を汚さないようにトイレの水につけないように、水がはねかえってこないようにと気をつけながらトイレ掃除をしよう、なんてとても無理ですよね。

トイレのくぼみやさぼったリングの汚れもしっかり落とせなくなるのは困ります。

トイレ掃除でせっかく便器が綺麗になっても、流せるトイレブラシが汚いままトイレ内にあっては不潔で気分が良くないですね。

流せるトイレブラシの本体を清潔にする方法

流せるトイレブラシの本体を洗う

流せるトイレブラシの本体の洗い方について3ステップで紹介します。

1.掃除が終わったら本体からブラシ部分を外す(トイレへ流す)

2.本体の先を水で洗い流す

3.トイレットペーパーでさっと拭いて完了

とても簡単です。

「トイレ掃除が終わったら、流れるトイレブラシの先端を流し、本体も洗う」

ここまでを一つの流れにするといいですね。

気になる人はトイレ洗剤であらったり、アルコール消毒をスプレーしてもいいですよ。

ビニール袋を使えば洗浄不要

便利な方法を見つけたので紹介します。

流せるトイレブラシにビニール袋をかぶせてから替えのブラシを装着するというやり方です。

トイレ掃除が終わったらビニール袋をひっくり返し、替えのブラシと一緒にゴミ箱へ。

これならトイレブラシ本体を洗わなくてもいいし、ブラシがトイレに詰まる心配もありません。

本体の柄の部分を洗うが面倒だと思う人は、こちらの方法を試してみてはいかがでしょうか。

流せるトイレブラシを使うデメリット

流せるトイレブラシは本体が汚い、の他にも2つのデメリットがあります。

1.コストがかかる

先端のトイレブラシのスペアは、掃除をする度に取り替えるのでお金がかかります。

一人暮らしであればトイレ掃除の回数は少ないかもしれませんから、それほどきにしなくてもいいかもしれません。

しかし、小さいお子さんがいる家庭や1日に何度もトイレ掃除をする必要がある家庭の場合、塵も積もれば山となるといった具合に費用が嵩みます。

替えブラシを半分に切って節約している人も多いですよ

2.ブラシがトイレに詰まる可能性も

流せるトイレブラシの先端は、水でほぐれる作りになっています。

しかし、まれにブラシの先端が詰まってしまう、というケースもあるようです。

特に、節水タイプのトイレの場合は、流れる水の勢いが弱いため詰まりやすい原因の一つになりやすいと言われています。

流せるトイレブラシを使うメリット

流せるトイレブラシのメリットはたくさんあるので紹介します。

1.手が汚れない

流せるトイレブラシに替えのブラシを取り付けたらすぐに掃除に取り掛かることができます。

そして、終わったらスポンジを流すだけですから、便利で簡単ですよね。

手が汚れることなくできるというのは嬉しいです。

2.ブラシの部分は衛生的

従来のトイレブラシだと、掃除後は濡れたままブラシホルダーに収納します。

いつの間にかブラシホルダーの中に水が溜まり、カビが生えていたということがあります。

しかし、流せるトイレブラシだと、汚れたブラシ部分を洗い流してしまうのですから、気が楽ですね。

3.トイレ洗剤不要

流せるトイレブラシの先端には濃縮洗剤が含まれているのが特徴です。

つまり、わざわざトイレ洗剤を用意する必要がありません。

トイレ洗剤を回しかける手間とトイレ洗剤を置くスペースが不要です。

【結論】流せるトイレブラシの本体は汚いので清潔に

いかがでしたか?

流せるトイレブラシの本体は汚いということを改めて認識することができたのではないでしょうか。

流せるトイレブラシはメリットも多いのできれいに使い続けていきたいですよね。

そのためにも、流せるトイレブラシの先端を洗い流したあとは、トイレブラシ本体も洗って清潔にしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました