タイミーやめとけ?その理由や口コミは?実際に働いた私がレビューします

このページにはプロモーションが含まれています
生活
このページにはプロモーションが含まれています

タイミーのCMを見て興味がわいた、働いてみたいなと思う人もいるかと思います。
しかしスマホで検索してみると「タイミーやめとけ」「タイミー評判悪い」「タイミートラブル」などが出てくるのでちょっと不安になるかもしれませんね。
そこで、タイミーやめとけの理由や口コミ、私の実際に働いた感想を紹介します。

タイミーはこんなシステム

アプリで手軽に仕事を探せる

タイミーのアプリをスマホにダウンロードして、名前やプロフィール写真を添付など簡単な手続きをすればすぐにバイト探しができます。
もちろんアプリは無料で使えますよ。

履歴書や面接が不要

履歴書を書いたり、証明写真を撮りに行って貼ってなどの手間が不要です。
面接もありません。
わざわざ出向くこともなく、何を着ていこうか、応募の動機はなんて言えばいいのか、などと悩むことも一切ありません。

バイトが終われば即お金がもらえる

タイミーでは仕事が終わればすぐにお金がもらえます。
もう少し詳しく説明すると、仕事が終わった後に働いた職場についての評価やレビューをします。
すると数分で「報酬確定」になり、銀行振込依頼をすればすぐに入金されます。
即日振込も可能なので、急な出費がある時には重宝します。

タイミーやめとけ その理由とは

場所によっては求人数が少ない

都市部にはいろんなジャンルの仕事が多くあり選択の幅があります。
しかし、地方へ行くと求人数が少なくなるのは否めません。
私の住むエリアでは毎日のように数多くの求人が出ています。
しかし、地方に住む友達に聞いたところ「かなり遠くまで行かないとない」という返事でした。
公共交通手段もなく、自分の車で行かなくちゃいけないなど条件も厳しくなる場合もあります。

人気がある案件はすぐに埋まって応募できない

魅力的な案件はライバルが多く、すぐに埋まって締切状態のことがよくあります。
私の場合だと、近所のドラックストアの商品陳列で、いつチェックしても締切になっています。
タイミーには「お気に入り機能」があります。
これは、「お気に入りの店舗」と「お気に入りの仕事」を登録することができ、該当する求人が出たときにはお知らせが来るというシステムです。
うまく活用しタイミングが合えば応募することができます。

1日に1件しか申し込めない

タイミーのルールでは、仕事は1日1件までしか申し込むことができません。
Wワークで1日に短時間を2か所でやりたいと思ってもタイミーでは不可なのでご注意ください。

時給が低い&交通費が出ない場合が多い

口コミで時々時給の低さを嘆く声を目にしますが、私個人は特にそうは感じません。
これは、働く時間帯や仕事内容によっても違ってくると思います。
あと、交通費で変わってくるかもしれません。
時給は普通でも交通費を差し引くと低いと感じるかもしれませんね。
そうであれば仕事を探す時に「交通費〇円込み」という記載付きを探すのをおすすめします。

バイト先の雰囲気がわからない

面接がないのは嬉しい反面、働くまでどんな雰囲気でどんな人がいるかがわからないのは不安です。
口コミをみて判断するのがいいかもしれません。

スキルアップに繋がりにくい

タイミーは短時間だけ、一時的に雇いたいと考えるお店が多いため、その人のスキルアップまで付き合ってくれないのが現状です。
自分のスキルを役立てたい、もっと深く関わりたいという人はタイミー以外で探した方が向いているかもしれません。

経験者限定の案件がある

コンビニのレジやファストフードの仕事では「経験者限定」という案件を時々見かけます。
私はどちらもやったことがないので、興味はあるのに応募ができず残念に思っています。

ペナルティを受けることがある

タイミーには「キャンセルポリシー」というルールがあるので注意してください。
仕事の開始時間を基準にキャンセルした時間がどれだけ前かによってペナルティポイントの点数が変わります。

48時間以上
48時間
前~
24時間
前~
12時間
前~
8時間
前~
4時間
前~
仕事開始時間後
+0pt +1pt +4pt +5pt +6pt +7pt 利用停止

実は私も風邪を引いて1度キャンセルしたことがあり、ペナルティを受けたことがあります。

私のペナルティポイントは1Pです。
1~3Pは特に制限を受けることはありません。
しかし、ペナルティが4~7Pになると1週間に1件の申し込みができないという制限を受けます。
そして、8Pになった時は2週間の利用停止となり、4Pからのスタートとなります。
ペナルティポイントを減らすためには、仕事を一つ完了させレビューすることで減らしていけます。

18歳未満の高校生は不可

高校生になったらタイミーでバイトをしたいと思う人も多いかと思います。
タイミーは18歳以上の高校生であれば仕事探しができます。
注意点としては、アプリ登録時に年齢を偽ったりしないようにしましょう。
また、保護者の了解を得ることや学校でバイトを認めているかもなど調べてからの方がいいと思います。

タイミー悪い口コミ

他にも「スタッフが仕事をちゃんと教えてくれない」「怒鳴られたと」いう声もありました。
お店の評価やレビューを参考にして選びましょう。
それに、いやなところだったら1回で辞めることができるのですから、もう割り切るしかないですね。

タイミー良い口コミ

「やりがいがあった」「また働きたいです」などのいい口コミも沢山ありました。
私も今のところタイミーではいい職場に恵まれていると思います。

タイミーで実際に働いた私がレビューします

 

タイミーで就いた仕事内容

1回目・ホテルパーティー会場での配膳とバッシング(片づけ)

選んだポイントは、家から1時間以内で行けること、知名度が高いホテルだったこと、口コミがよかったことです。
勤務2日前ころに、勤務先から地図や持ち物、身だしなみについての注意事項などのメッセージがタイミーのアプリに届きました。
当日は、初回だし何があるかちょっと不安だったので、早めに家をでました。
おかげで気持ちに余裕が持ててよかったです。
私の初めての仕事は、宴会での飲み物と料理の配膳を5時間半やりました。
テーブルが多かったし、お客様にぶつからないように料理とビールを運ぶのは重労働でした。
行きは料理を運び、帰りは空いた皿を下げるので、一息入れる暇もなくかなりハードでヘトヘトでした。
休憩時間はないので、隙をみて水分補給をしたり、小走りでトイレを済ませるなどして思った以上に大変でした。
大学生が多く、私のような主婦はいませんでしたが疎外感などはありませんでしたよ。
仕事が終わるとすぐにアプリを開きレビューをして、ドキドキしながら待っていると10分くらいで無事入金されました。
すごく嬉しくてタイミーって凄いな!と感激しました。

2回目・ホテル会場のセッティング

1回目と同じホテルでしたが、会場と内容が少し違ったので前よりも体力的に負担が少ないかもと思い応募しました。
今回の仕事は、2か所宴会場のセッティングするというもので5時間やりました。
円卓や椅子を運んだり、テーブルクロスをかけるなど、これが予想以上に力仕事で疲れました。
後半は、テーブルナイフのセッティングです。
ここからリーダーが変わったので、雰囲気も一転和気あいあいとした中で働けました。
驚いたのは、フォークやスプーンの数がすごく多く、位置や角度も決まっているので仕事の厳しさを少し体感することができました。
時間が少し余ったのですがゆっくりすることもなく、ゴミを集めや段ボール潰しなど時間いっぱい働いたという感じです。
1回目と同じホテルでしたが、会場が違ったのでやり方も雰囲気も全く違いました。
今回は大学生、フリーター、私のような主婦もいました。
2回目も入金に問題はなくスムーズに完了して満足しました。

3回目・ホテル カフェで使った食器の片づけ

このホテルへ行くのは初めてでしたが、家から近いし有名なホテルだし、口コミもよかったので応募しました。
私が担当したのは、ホテルの中にあるカジュアルなカフェでの片付けです。
スタッフが下げたお皿やコップをそれぞれ種類ごとにまとめて、洗浄コーナーへ運ぶという仕事を4時間やりました。
お客さんからは見えない場所でやるため自分のペースでできてよかったです。
一人で少し心細かったのですが、周りのスタッフさんがみんな優しく声を掛けてくれるので、気持ちよく働くことができました。
4時間だったのであっという間でした。
嫌だな、困ったなということはありませんでしたし、ここでの入金もスムーズで問題なく終わることができました。

まとめ

タイミーやめとけについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
タイミーはデメリットや注意点はありますが、暇な時や急にお金が必要になった時には心強い味方になってくれると思います。
私はタイミーで3回働きましたが、個人的にはおすすめです。
これからさらにタイミーが利用しやすくなることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました